写真 (1)
 
 
1月18日、Cocco主演舞台「ジルゼの事情」を観劇してきました!

昨年、全く配信されない幻のCoccoメールマガジンからこの舞台の先行発売の抽選メールが突然舞い込み、即応募。
(なんと前から4列目!)
 
お話について、何も予備知識もなく向かい、でもCoccoのことだからきっとそういうなんかあぁいう感じなんだろうなぁ、と漠然と思っていたところ、演劇は古典バレエ「ジゼル」のお話を元にしたまさかのオバカストーリー。
Coccoファンにとっては贅沢も贅沢、お芝居あり(当たり前)・踊りあり・お歌あり、という今まで潜んでいた分めいっぱい端から端まであますことなくCoccoを堪能してくれ!と言わんばかりの内容でした。
いや、もう、素晴らしかった。近いし。
 
終わってから、一緒に行った友達と、Coccoきれいだったねぇ‥とうわごとのようにつぶやいていました。
 
 
基本的にコメディな内容であるものの、もちろんシリアスシーンはあり、役者さんたちも(Cocco含め)ガチンコで泣きながらお芝居をしているシーンもあり、笑かせにかかってるのに最後の最後Coccoが魂を込めて歌う歌は、やっぱりどうしたって感動で寒気がした。
 
 
 
 
 
もう一回行きたいと思った舞台は、美輪明宏さんの「黒蜥蜴」以来。
もちろんファンの色眼鏡はかかった上で(笑)、大絶賛の舞台でした。

広告