さて、12日、無事にプレリリース日を迎えることができまして。
先行発売予約をしてくれていた方にはそれ以前に既に到着してたので、リリース感はあまりないのだけれども、笑
それでも続々と到着したよ~報告をもらえると、何とも感慨深い気持ちになるね。
 
 
だってねだってね、
手元にあったCDが、全国の色んな人たちのもとに渡って、そんでもっておんなじ物を手に取って、おんなじものを聴いてる。

そんでもきっとおんなじように聴こえることはひとつもなくて、それぞれがそれぞれの想いで聴いてくれているのだろうななんて、計り知れないよな~音楽とは。
 
 
 
友達もまったく同じ日に1stアルバムをリリースしていて、ディスクユニオンオンラインで即日完売だとか!すごくおめでたい。
pigeondust君です。すっごくいいので、hiphop好きは是非。才能あふるるカワイイ男子です。
[Album] Pigeondust / Eastbound Ticket
 
 
 
 
そんなこんなで、噂のサウンドクラウドさんで、今回のシングルの曲が視聴できるようになりました。ワンコーラス聴けるので、トレイラーだけじゃよくわかんないよーって方は是非きーてみてね。
http://soundcloud.com/sasakinozomi
 
 
 
 
 
そしてそんな色々とおめでたいことが重なる12日。
高校時代の大好きな友達に、なんと迷い鳥(今度のCDの3曲目を飾る曲)のお返事の曲をもらった。

才能の塊のような子で、世の中に出る人ってきっとこういう人なんだろうなと、漠然と思っていた当時。
とても尊敬していて、自分の音楽にもばしばし影響を受けてきたけれども、高校卒業後東京の音大に入学したため疎遠になってしまってた。
んだけど、ひょんなことから先週にほぼ8年ぶりの再会を果たして、是非聴いてもらいたいと思って、「いきをして」をあげたら、お返しに、と忙しい中ほぼ一日でラフ・・・と言っても一日クオリティだとは思えないんだけど。笑
「光の森」という曲を書いて12日に持ってきてくれた。

音楽とは自由なのであったなと。
思い出した。
 
 
そんな才能の塊の子が今は母校で音楽を教える立場にいて、そうして自分の音楽をすることはほとんどない道を(今は)選んでいて、そのフィールドで喜びを感じていて、
わたし程度の能力の人間が、と思っていた自分が、そうして自分の音楽を表現することを覚えて、認めてもらえることを知って、こんな形で音楽をしていて。

色々なかたちがあって、相性があって、やり方があって、なんにもお手本なんてなくたっていいのだったなと。
こうするのが正しい、なんてそんなもの、ないのだったなと。
漠然と、友達のつくった曲を聴いて歌を聴いて声を聴いて、思った。
すごく救われた。
 
 
 
 
 
 
そう、思って。
この記事を三日前に書き終えて、自由にやりたいななんて、
また自分から音楽をやりたいと思えるように戻ろうなんて、
思って、そんな結論の記事を書いてみたりもしたんだけど。

結局は、色々廻らせてると、
もっと頑張ろうなんて思ったりもする。

ぐるぐると、いったりきたりと、一進一退で。
もともと気分屋で流されやすくて意思も弱くて、なーんだかよくわかんないな。 
 
だけれども、
みんなにこのCDが届いてうれしい、
もっと届けたいなって思う気持ちは、
変わらないのです。
 
 
 
悩みながら、どこにたどり着くかな。
とりあえず歌ってゆくよ。
 
 

広告