土曜日に、見てきました。
前日に上映されていることを知って、
このトレイラーを見ていてもたってもいられず、
職場の花見を放棄して(笑)見に行ってきました。

なんていうかもう予想していたよりもすごく痛くて痛くて、
つらかった。笑
もちろんフィクションではあるんだけど、
きっと半分以上は事実に基づくフィクションで、
なんかもうこんな人生想像もつかない。

だけどでもCoccoは今もこの世界の中に居て、
現在進行形で苦しんでいるんだなと思うとなんとも言えない気持ちになる。
 
 
 
そう考えてたら終始泣きそうで、
だけど映画の中のCoccoはとてもきれいで、
やっぱり歌もすごくうまくて、
なんか色んな気持ちが入り混じってとにかく音楽をしたくなった。
歌を歌いたくなった。ひさしぶりに。

でも、帰ってからすぐに放送をしたのだけど、
歌ったのだけど。

でも、何かちがくて、
なんにも満たされなくて、
一枠だけでやめた。
どこにも行けなくて呆然としてた。
 
 
なんだったんだろう。
何を表現したかったんだろう?
何が足りなかったんだろう。

ああ、打ちのめされた。
どうしてくれよう。
 
 
 
 
もう一度見たいなあ。

とりあえず、
お給料が出たらCDと小説を買うんだ。

広告