東日本大震災から1年。
本当にあっという間。

実際に宮城のあの地で被災していた身ではあるけど、
津波の被害はなかった地域だから周りに亡くなった人も少なくて、
だからこそ身近なはずだけどあまり身近ではなくて、
この1年笑って過ごせているけど、
おそらくきっとまだ毎日を泣きながら過ごしている人たちがいて、
絶望のみで生きている人たちがいて、
わたしでさえ「あっという間」だったのだから、
その人たちにとっては今もずっと2011.3.11が続いているのだろうなと、
ふと思ってみたり。
 
 
 
それでも私は今を生きるのに精いっぱいで、
流れの速い東京に戻ってきてからはついていくのに必死で、
地震なんて頭の片隅ぐらいにしかなかったのだけど。

何ならみんなが黙とうしているその瞬間、
階段で転げて足首内出血までさして、
今年初めにたてたささやかな目標「転ばない」が、
ふた月ちょっとで打ち砕かれて、
そんなことごときで憔悴しきっていたし。
バカだな。
 
 
 
 
 
わたしに何ができるかとか、
1年だから何かしようとか、
なんかイベントに乗っかる感が出てあまりしたくはないけど、

それでも仙台に歌いに行きたいなーと、思うんだけど。
というより仙台大好きだから別に地震1年だからとかなくても、
常に行きたいとは思ってるんだけど。
というより帰りたいと思ってるんだけど。笑
 
 
 
でも、絶望はきっと希望の歌じゃどうにもならんくて、
ていうかきっと音楽なんて届かなくて、
わたしはひたすらと、
そばにいるよ~なんて歌ってる。

雲を切るのをやめた鳥には、
太陽のひかりなんて、
まぶしくて、見たくないものでしかないから。

それでも、
わたしはひたすらと、
そばにいるよ~って歌い続けてるから、
聴こえるようになったら、
聴いてくれたらいいんじゃないかな。
きっと抜け出せるのは自分の力でしかないし、
助けてもらうのだとしたらそれは私ではなくて、
他の大事な誰かであればいいし、
そんなら私はこの東京で、
振り向いてくれたときに、
よくきたね!って誉める準備をしていようと思います。
 
 
 
そんな、1年後。
要はね、音楽頑張るよってこと。笑
わたしはわたしのやることを頑張るだけ。
でもたぶん意味なくないよ。
同じ地球で生きてたら、繋がらないことなんてないはずだと、私は思っている。
すべての皆の動きやパワーは、うちゅう全部に作用するもの。
ある部分でキラキラのいいパワーが働いたら、
相乗効果で周りも持ち上がるのよ。
その逆もしかり。
 
 
 
 
…はっ
ごめんつい癖でまた宗教的に…えへへ
 
 
というわけで、
ボイトレも始まったのでレコーディングに向けて体作り頑張るまし。

そんな矢先にこけて全身が痛い佐々木でした。

広告