基本的に、
自分を偽って生きることはしないが故に、
素直すぎてTwitterとかでは火傷してしまったりするんだけど。笑

それでもそれなりに、
ほんとうにそれなりにだけど、笑
人に気を遣って生きていて、
相手によっては思ったことを言わないでいることを選べるようにもなって、

でも昔から一緒にいる大切な人たちには、
基本的によくもわるくもありのままの自分で付き合っていて、
なんかそれが自分の中での大切な人に対する礼儀だと思っていて、
 
とは言っても、
”親しき仲にも礼儀あり”で言う「礼儀」とは相反するものではあるから、
きっと自分勝手な話ではあるかもしれないのだけれども。
 
 
 
いま一緒に住んでもうすぐ3か月になるカメラマンのあっちゃんは、
実はまだ出会ってから半年も経っていない。

なんだかよくわからないフィーリングをお互い感じて、
出会ってから2カ月くらいで、一緒にすもーよ!ってなって、
なんの運命かで今の生活をしている。
 
 
 
あっちゃんがどういう風に思っているのかは聞いていないから分からないけど、
わたしはとても今の生活がしあわせで楽しい。

生活サイクルが違うから同じ家に住んでいても、
三日ぶりに顔あわせたね~とか平気であるけど、
話したいときはふたりともリビングに顔を出すし、
そうでもないときはお互いお互いの部屋で籠って作業をしているし、
そんなつかず離れずな生活がとてもここちいい。
 
 
昨日は、
帰ったらすぐにおかえりー!どーだったー?って迎えてくれて、
わたしはとてもむしゃくしゃしていたのでひたすらとしゃべり続けていたのだけど、
もちろんネガティブなことばっかりでろでろと口から紡いでいて、

なんとなく、
そういう言葉は最近控え気味な傾向があったけど、
あっちゃんにはいつもするっとしゃべってしまってる。
 
 
なーんにも気にしないで、ついつい久しぶりに、
あーもーしにたいって口に出したら、
それ久しぶりに聞いたね懐かしい。
最近そういうこと聞かなかったから、なんかすごい安心したって。笑
 
 
そういえば引っ越したばかりのころはしにたいが口癖で、
(もちろん純度100%の冗談です)
外見ながら飛び降りたいとかつぶやいてたら、
(もちろん純度100%の冗談です)
あっちゃんに、おまえそこから飛び降りたら生き返らせて二度殺すぞと言われ、
(もちろん純度100%の冗談・・・・だと思います)
ドエムの私としては惚れ直した瞬間だったりするんだけど、
何度かそんなやり取りをしてたなーって。
そういえばなーって。
 
 
それを理解してくれるのはあっちゃんだからこそだし、
だから私はどういうことでも自分が正直に感じたままをいつもあっちゃんに話せていて、
なんとなく昨日うれしくなった。
他の人に対して一度ぐっと堪えた言葉を、紡げるのはなんか嬉しかった。
 
 
 
 
なんか食べたいって、
夜中の2時に言い始めて、
米あるから米食べてよと言われたけど、
こういう時は、
どれだけ不健康な食事を摂れるかっていうところに重点をおいてだな・・・と言ったら、
「わかるー。笑」の返答。

さすがに、
カップラーメン一択なんですよっていう意見は一致しなかったけど、
さすが理解してくれるよね。笑

結局なぜか選択したのが納豆、
っていう、不健康のふの字もない食品で、
食べてる途中に気付いて愕然としたら、
あっちゃんに笑われた。
 
 
 
 
 
 
 
一緒にいてくれてよかったなー。
何も気にしないでしゃべれるのが、うれしいなっていう、そんなお話でした。
ほんといちいちなげーよ。

広告