わるいことも、いいことも、
何かしら発信していれば、
何かしら周りに影響を与えるものなのだなと、
あたりまえのことなのだけど、ひしっと感じた。

ネガティブは周りを引きずり込むし、
ポジティブは周りを巻き込むし、
別にどっちがどうだからってことはなくて、
人生に衝撃を与えるほど大きなことだったり、
一日のほんの一瞬が色づく程度の小さなことだったり、
何にしろ周りは人の動向に言葉に感情に、に、に・・・影響を与えられて、
それと同じく自分も影響を受けて、
日々を重ねていくのだなと。
 
 
なんのことはないことなのだけど、
なんのことはなく日々発信していることで、
人のこころを動かせるなんて、
こんなどうしようもないわたしにそんな力があるなんて、
すごくすごく感動的で、怖くて、嬉しい。

そう思うことがこの週末でふたつ。
 
 
 
 
リスナーさんからのCD郵送販売希望のメールに添えられた、
ひとつのメッセージ。
わたしの声を聞くと元気がでるから、
気分が落ち込んだときによく放送を見にきてくれてる、そうで。

たぶん、
この方だけでなくそういう人が何人かいるのだろうけど、
なんだか本当にすごいなー
 
 
 
いや、表現をしている以上、
もちろん私だけじゃなくどんな人でも、
色んな人に影響を与えてて、
それだけありふれてるからこそ当たり前なことだと思ってしまうけど、
やっぱりすごいことなんだよね。
 
 
もうひとつ。
土曜日に、仙台にいたころ一緒に歌っていた大切な友達が東京に来てて、
時間のすきまにおしゃべり会しようよって約束をして2時間くらいだけど、
お茶をしてきた。

東北大学のマスターに今いる子で、
発表のために東京にきていたみたいなんだけど、
音楽も大好きで、勉強も大好きで、お話するのも大好きで(笑)、
この日本で大学を飛び級しちゃうほど
(あんまり聞かないよね?たぶん?)
頭が良くてまじめな子で、
だけど頭も心もやわらかくて、
わたしがとっても大好きな友達の一人なのだけど、
 
 
11月のわたしのライブを見て、

「こんなことができるなんてすごいなー、僕も論文頑張ろう。ってその時瞬間に思って、やっぱり音楽じゃなくて研究なんだって分かってスッキリした。それを伝えたかった」

というようなことを言ってくれて、
なんというか、いやでも音楽も一緒にやりたいんだけど、
大好きな友達に、そんな影響を与えられた自分にびっくりして、
嬉しくて、どーしようもなかった。
 
 
 
それは、
(私にとっては)少し大きな影響で、私にも響いたから、
こうして改めて考えるきっかけになったのだけど、
そう思ったら、どんな小さなことだとしても常に何かしら与えているのだなーと、
思った。
 
 
同時に、
もちろん人の心に悪い影響を与えることも、
すごく簡単にできてしまうことで、
気を付けないとなとも、
思った。
 
 
 
 
うん。
そんな2月最後の週末。
いい感じ。

今週もやったるぜー!

広告