下の悩み投稿をしてから、いてもたってもいられなくって、
こないだのCD制作でとてもとてもお世話になった私の保護者のような人を呼びつけて(笑)、秋葉原でご飯をしながらたっぷりと自分の気持ちと考え方と、最近見てきた人たちの音楽のことを、語りつくしてきた。

最近周りに業界的な考え方をする人が多くて、
自分の考え方との違いにしっくりこなさを感じてたからこそ、
きっと私はアマチュアのあの世界に惹きこまれてしまって、
そして同時にピッタリさを気持ち良く感じて、
今いる状況との差異に考え込んでしまったんだなと、
話しているうちに気が付いた。
 
 
 
話しているうちにというか、もうはじめにパパの考えを聞いて、
あ、この人との音楽は、別に私とちがくなかった。と思った。
今まで感じてたしっくりこなさがうそみたいに、
パパの言ってることはするっとのみこめた。

なぁーんだ、ぜんぜん、悩む必要なんてなかった。笑
ばかみたーい。笑
 
 
 
帰りは晴れ晴れとしすぎて、
うきうきで満面の笑みで線路に飛び込む勢いだった。
いややらないけど。
 
 
 
 
でも、きっとちょっとアマチュアの自由さの方に偏りすぎてしまっていたから、
話してよかった。
私の考えを取り込んでくれて、こてこてな業界でもなく、
アマチュアでもなく、そのちょうど中間をとってくれようとしてくれてて、
わたしこの人となら音楽をずっとやれるなー。

いや、扱い雑だとか言われるけど、タメ口だけど、(笑)
結構かなりすげー尊敬しているし頼りにしていますです!
今後とも、きっとぐらぐらと迷うと思うけど、よろしくお願い致します!
(こんなところで)
 
 
 
 
 
と、言うわけで腫れものも落ちて、あっという間に一曲出来上がりそうです。
まだ作るよ。ふふっ。
 
 
わたし本当にプレッシャーによえーなー。笑
本当はその中でも曲を作れるようになれないといけないんだろうけど。
 
それは今は求められていないから、頑張れる。
ごーごー!

広告