もっぱら仕事が忙しくて創作どころではない日々なのですが、
それでも家に引きこもっていた以前よりもガンガン外に出て、
色々な所へ行って色々なお話を聞いて、色々なことを想いながら、
自分の音楽ってなんだろうなと考える最近。
 
 
やっぱりね。
プロの音楽は完成されていて、
そんなもん絶対カッコよくないわけないんだけど、
アマチュアの音楽って、何も打算の含まれていない純粋な音楽で、
それがすごく魅力だと思うの。

だってさ、万人受けするキャッチ―な音楽の下で、
黙々と全然飛びもせず理解もされないダッサい音楽やってて、
それを俺はこれがカッコイイんだ、
これが俺の音楽なんだって言い切れるってそんなカッコいいことないよ。

それが理解されたときって、たとえ一人っきりだったとしても、
きっとすっごい嬉しいことで、それがちょっとずつ輪になっていったら、
何よりも自分の力で成し遂げられたことで、
それって理想の音楽・・・というよりアーティストの形だと私は思う。
 
 
 
食べるために音楽をやっていないなら、きっとそれでいいし、
むしろ私もそうなりたいんだけど、
周りの人の期待には応えたいしお世話になっている分応えなくちゃいけない。
それも手伝って、今のわたしは打算だらけですごくカッコ悪い。

どういう曲を作ったらみんなは良い曲だと思ってくれるだろうとか、
どうしたらみんなに気に入ってもらえるだろうとか。
結局ね、相変わらず自分の音楽に自信がもてていないんだよね。
本当にだっさいなーと思うんだけど、どうしても周りの反応を伺う癖が直らない。

今私の周りにいる人たちは、
私が自由に作った音楽を好きになってくれた人で構成されていることは分かってるはずなのに、だから何も気にしないでそのままでいればいいのに、何より私が一番自分の音楽を好きになれてない。
というよりも自分の音楽が何なのだかわからない。
 
 
それが分かってないから、好きでいてくれるみんなに聞いてしまう。
私のどこが好き?私らしさってどこ?
声?声なら、どんな声?
曲?曲なら、どういう曲調?

結果、そうかみんなは今まで私が作ってきた音楽のこう言うところが私らしいと思ってくれてるんだな、それなら、その私らしい曲を作ったらいいのかな。
 
 
 
なんてそんなのその時点で私らしさのかけらもない。
ダッサイなーほんとに。

もっとがむしゃらに、
私はこれでいいんだ、これが私の音楽なんだって胸張りたい。
絶対自分で見つけないといけないことだから答えなんて出ないよね。笑
 
 
 
とりあえずとにかく曲を作ろう。
自分の作りたい曲を周りに伺ったりしないで作るところから始めよう。
悩みながらでもいっか、とりあえず。これでいいのかなーって作っていっか。

それが使えなかったらそれまでだ。
自分で好きになれる曲が増えれば、きっと自分の音楽をやれてるはず。
こんなこと、書くべきではないけど、いまのところ、一曲だけ。
しかないんだけど。
 
 
 
 
 
 
そんな日々。
音楽もいいけど、仕事もねっ☆涙

広告